泡盛屋

ご利用ガイド

お支払方法

送料について

販売方法明記

お問い合わせ

マイページ
ログイン

≫≫泡盛屋TOPページ≪≪

お品書き

あわもり

石垣島の泡盛

与那国島の泡盛

沖縄本島・那覇の泡盛

沖縄本島北部の泡盛

沖縄本島中部の泡盛

沖縄本島南部の泡盛

宮古島の泡盛

久米島の泡盛

伊平屋島の泡盛

伊是名島の泡盛

泡盛ランキングコーナー

泡盛ギフトコーナー

限定泡盛コーナー

泡盛まとめ買いコーナー

お買い得セットコーナー

酒造所のもろみ酢

もろみ酢・黒麹酢

ビール

オリオンビール

ゴーヤーDRY

ゴーヤーの発泡酒!

「泡盛屋の沖縄市場」

沖縄の食べ物

泡盛の肴コーナー

沖縄の食品コーナー

沖縄のお菓子コーナー

沖縄の飲み物

沖縄のフルーツ果汁

沖縄の飲料・茶葉コーナー

沖縄の調味料

沖縄の調味料コーナー

沖縄の雑貨

沖縄の雑貨コーナー


泡盛屋サイト内
商品検索



運営会社

 泡盛屋ロゴ
(泡盛屋/南西酒販)


運営会社:(株)南西
〒907−0022 
沖縄県石垣市大川250-3
TEL:0980-83-2241
FAX:0980-88-6269
Eメール:
isigakijima@awamoriya.net


泡盛屋TOP≫≫薬酒と果実酒の作り方 「梅酒」

薬酒と果実酒の作り方


「泡盛を使って作る、薬草と果実酒のコーナー」

 泡盛で果実酒(薬酒)?って思う方もいるかも知れませんが、泡盛で作る果実酒(薬酒)は昔から民間療法として沖縄では親しまれてきたんですよ。
ましてや蒸留酒の泡盛、果実酒(薬酒)には最適です。
亜熱帯の果実や薬草を作っての果実酒(薬酒)作り、みなさんも日頃の健康維持にいかがですか?

※記載している効用はあくまでも目安です。
 この症状に必ず効くというものではありませんのでご了承下さい。

■ 「薬酒・果実酒の作り方」カテゴリー一覧 ■
≫≫「梅酒」の作り方

(効用:疲労回復、風邪予防)

≫≫「パイナップル酒」の作り方
(効用:疲労回復、消化不良)

≫≫「レモン酒」の作り方

(効用:疲労回復、美容)

≫≫「ウッチン酒」の作り方

(効用:肝臓病・黄疸)

≫≫「ニンニク酒」の作り方

(効用:肝臓病、動脈硬化)

≫≫「クスクミン酒」の作り方

(効用:利尿、肝臓、高血圧)

≫≫「アロエ酒」の作り方

(効用:胃腸障害、便秘、神経痛)

≫≫「ニガナ酒」の作り方

(効用:赤痢、腹痛、解熱、健胃)

≫≫「クヮンソウ酒」の作り方

(効用:睡眠薬、解熱、利尿)



■ 「梅酒」の作り方 ■

 定番の果実酒「梅酒」。泡盛で造る「梅酒」も最近は人気です!
疲労回復や風邪予防などに良いですよ。

■効用:疲労回復・食欲増進・風邪予防・健胃・下痢・食あたり・夏やせ・不眠症・神経痛
◎「梅酒」 レシピ ◎

材料
 ・青梅:1キログラム    ・泡盛:1.8リットル
 ・氷砂糖:300〜500gグラム(量によって甘さの度合いがかわります。)
作り方

 @青梅をきれいに水洗いします。水洗いの際に青梅にキズがつかないよう丁寧に洗います。
  洗い終わりましたら、一つ一つ丁寧に水分をふき取ってください。
  水気が残っていますとカビなどの要因になりますので気をつけてください。
 A広口ビンに青梅をいれ、お好みに合わせて氷砂糖を加えて泡盛を注ぎます。
  ビンを密閉し、陽のあたらない涼しいところに保管します。
 B密閉した状態で約三ヶ月〜一年間、熟成させます。熟成後は梅を取り出してください。

 ◎熟成した梅酒に砂糖と水をたして煮つめればピリッとした味のジャムとしても美味しく頂けますよ。


■「作る前に」
 ◎泡盛・・通常は35度〜43度(新酒)の泡盛を使います。
      度数が高い方が浸透力がよいのですが、強すぎる点と一般販売されているのが少ない点でも
      地元では35度や30度を使用する人が多いですよ。

 ◎糖類・・糖類は氷砂糖・白砂糖・グラニュー糖・ブドウ糖・ざらめ・黒砂糖どれも使えますが、 
      氷砂糖を使用する方が砂糖くささがでず、また黒糖などを使った場合の色などが
      でない点でおすすめです。

 ◎材料・・なるべく清潔なもを使ってください。ゴミや余分なものはよく取り除いてください。
      水洗いしたものなどは、水気が残っているとカビの原因となりますので、
      十分に水気を切ってください。

 ◎控えめに・・糖分は控えめにする事をオススメします。
        氷砂糖を入れすぎた際などは甘みがひどく酒としては質が悪くなってしまいます。
        また薬効成分もそこなわれる事がありますので、糖分控えめがよろしいですよ。

 ◎保存場所・・なるべく涼しく、直射日光等が当たらない場所に保存してください。


■「泡盛梅酒」を飲んでみよう! 

  ≫「おすすめ!泡盛で作った梅酒」販売コーナー



■「薬酒・果実酒」作りにオススメの泡盛

 ◎30度〜35度の泡盛
  ≫≫「八重泉 30度1升瓶」  ≫≫「久米仙 35度1升瓶」  ≫≫「久米島の久米仙 35度1升瓶

  ≫≫「菊之露 30度1升瓶」  ≫≫「請福 やいま1升瓶」

 ◎43度〜40度の泡盛
  ≫≫「瑞泉 43度1升瓶」   ≫≫「南光 44度1升瓶」    ≫≫久米仙 43度1升瓶 

  ≫≫「守禮 44度1升瓶」   ≫≫「与那国 43度1升瓶」   ≫≫常盤 44度1升瓶

 ※こちらは果実酒作りによく使われている泡盛をおすすめとして記載しております。
  泡盛はそれぞれ独特の味・風味がありますので、自分の好きな味の泡盛での
  果実酒作りをおすすめ致します。



                           ≫≫上に戻る ≫≫泡盛屋TOPページに戻る